草食男子 婚活

草食男子の婚活のパターン

草食男子ってつまり、奥手な男性とか控えめな男性って捉えるのが適当かどうかはわかりませんけど、草食男子の婚活のパターンって結局2つのパターンがあると思います。

 

勝手にそう思ってるだけなんだけど、つまり

 

草食男子と肉食系女子のカップル

 

草食男子と草食系女子のカップル

 

この2パターンです。

 

それでもし仮に、

草食男子が肉食系女子を好きになった場合

 

草食男子が肉食系女子を好きになった場合は、肉食女子が草食男子を好きにならない限り、
恋愛には発展しないという仮説が成り立ちます。

 

あくまでも仮説です。

 

でも実際世の中見渡してみると、「かかあ天下」のご夫婦がとっても多いと思いませんか?
つまり、世間一般で見ると、草食男子と肉食系女子のカップルが多いってこと。

 

草食男子と草食系女子の恋愛の場合

 

草食男子と草食系女子の恋愛の場合は、草食男子は当然草食系女子にアプローチするまでに、
相当時間がかかるだろうから、その間にその女性のことが好きな肉食系の男性が現れれば取られちゃうってパターンです。

 

もちろんこれもあくまでも仮説です。

 

ですがこの仮説が成り立たないのが男女の恋愛なのです。

 

つまり草食男子と草食系女子の恋愛っていうのが逆に案外うまくいくってこと。

 

 

何が言いたいかって・・

 

要するに、婚活とか恋愛とかって、一般の常識は成り立たないんです。

 

なんであの人が、あんな男と・・とか、あのカッコイイ男性が、あんな人と・・とか、
よくありますので、あきらめちゃダメ!!ってこと。

 

知人の自称草食系友人の話・・

 

もっぱら、これも実例になりますが…。現在僕が交際している女性は草食系です。
僕と同い年なのですが、彼女もこれまで付き合った経験はなく僕が初めてという…そんな人です。(もちろん告白することだってあるんです、それでも断る人なんです)
草食系x草食系のケースだと、どちらとも動かない為時間はかなり掛かりますが取りあえず近くなる事はできます。
草食同士だと結局のところどっちかが動く事になるので…。僕の場合は彼女の方でした。
彼女と出会ったのは4年前、そこから2年半かけて彼女から「あなたの事が好き」という告白を経て交際、
それからさらに6か月間投じてようやくお互い「手を繋ぐ」関係まで接近しました。
もう8ヶ月目ですが、現在でもキスもまだです(笑…)
これも持久戦でしょうね。何気無くアピールをし合って、ハートを奪われた方が肉食になるんです。
ハナから片方が肉食ならこうはならないのでしょうが…。
そんなですが…お互い好きなんですよ。周囲から見れば交際しているのかすら分からないと思いますが。
でもねこれが草食系な施し方(?)だと感じます。

マリッシュ


関連ページ

私の結婚観 こんな私でも人並みに結婚観はあります。
私は小さい頃から母親にべったりで、私の言うことを何でもはいはいと聞いてくれていたので、 わがままな性格になり、しかも気が小さく、それでいて人に対して高圧的な態度を取るので、私に愛想を尽かし、みんな私の元から離れて、友達らしい友達はいませんでした。
私の十代の頃の結婚観
私の十代の頃の結婚観をここでお話させていただきます。男女問わず誰にでも結婚観というものはあると思います。私の結婚観は、やはり両親をみていて色々なことを考えたと思います。
私の20代の頃の結婚観
私の20代の頃の結婚観は、10代のころは夢みるようなものでしたが、もちろん20代に入って大きく変化しました。学校を卒業して民間企業へ就職をすると、それまで知っていた男性とはまったく違ったタイプの男性達がいるといことを知りました。
ちょっとマイナス思考だった私の結婚観
ちょっとマイナス思考だった私の結婚観!!ということで、参考になるかしら・・・
バツイチの私の若い時の結婚観
若い時の私の結婚観はただただ一緒にいられるという、同棲に近いような感じだったことを記憶しています。今思うと本当に私の結婚観はあやふやなものでした。
結婚と離婚を経験した私の結婚観
結婚と離婚を経験した私の結婚観を書いてみたいと思います。今になって感じていることは、まず結婚時にお金がないからなどという理由で結婚式をあげなかったり、家族間の挨拶などを抜きにしたことを後悔してるということです。
私の結婚観はナチュラル
私の結婚観は、ナチュラルだけど、実際的です。せっかく生まれてきたのだから、結婚してみよう。そして子どもを育てて、死ぬまで仲良くやっていこうということだけです。
ユミとの出会い、僕はずっとこの日を待っていた・・今なら素直に言えます。「僕と結婚しよう」
ユミとの出会い、僕はずっとこの日を待っていた・・ 運命って信じますか?生まれてから27年、僕はずっとこの日を待ってたのかもしれません。