結婚観

私の結婚観はナチュラル

私の結婚観は、ナチュラルだけど、実際的です。
せっかく生まれてきたのだから、結婚してみよう。
そして子どもを育てて、死ぬまで仲良くやっていこうということだけです。

 

どうしても、あの人と一緒になりたいと思って結婚できれば、夢見心地です。
でも、一緒になりたいと言ってくれる人がいて、自分もやっていけると思えば、
それで結婚を決めてもいいと思うのです。

 

 

婚活という言葉が流行っていますが、結婚は、いいことばかりではありません。
高収入でナイスルッキングの異性ばかりが存在するわけもありません。

 

当然、経済的な裏付けがあり、助け合って暮らしていける目処が立てば、結婚にふみきってもいいのです。

 

子どもは、是非欲しいところです。
自分のDNAを受け継いだ未分化な弱々しいベイビーをパートナーと共に、
愛し育てるなんてわくわくします。

 

そして、自分をはぐくんでくれたような家庭を赤ちゃんに与えてあげられたら、
自分の人生は終わっても後悔ないかもと思います。

 

人生は、シンプルにそしてナチュラルにが大切です。
若さと人生に対する熱量は比例するのです。

 

炎のように燃え上がった恋も年月が経つにつれて、淡く馴染んだものに変わります。
そこには、お互いに対するリスぺクトがあります。

 

人は、ひとりでは生きていけません。
あなたをはぐくんでくれた両親もそのうち亡くなり、兄弟もあなたとは違う家庭を築きます。

 

老いてひとりぼっちになったとき、後悔しても遅いかも知れません。
まず、自分で自分の生活が維持できる職業をみつけ、収入の範囲内に暮らす知恵が身に付けば、
いつでも結婚生活は、始められます。

 

その場合、相手に求めることは、相手も職業を持ち、収入の範囲内に暮らす知恵があり、
あなたへの思いやりや優しさがあることです。

 

人は、愛することのことなら何でも知りたいと思うものです。
そして、自分でできる限りのことをしてあげたいのです。

 

趣味が違い、職業も、育った家庭が違っても、お互いをリスペクトする気持ちが育っていけば、
結婚生活は、うまくいきます。

 

私の結婚観と違って、一昔前に流行ったフェミニズムは、
他の人を愛したら、結婚生活は破綻するのだから、結婚は、しなくてもいいのではないかという論調でした。

 

まだ、破綻する前から、破綻した後のことを考えても詰まりません。
そのときはそのときだと思うのです。

 

シンプルにナチュラルに生きていけば、もし、他の異性を愛したときも、対処できるでしょう。

 

結婚生活は、結婚しなければ、楽しめません。
チャンスがあれば、トライすればいいのです。

 

そして、自分の生活を楽しめるよう日々努力していくことが生きることだと思います。
私の結婚観、あなたはどう思いますか。


関連ページ

私の結婚観 こんな私でも人並みに結婚観はあります。
私は小さい頃から母親にべったりで、私の言うことを何でもはいはいと聞いてくれていたので、 わがままな性格になり、しかも気が小さく、それでいて人に対して高圧的な態度を取るので、私に愛想を尽かし、みんな私の元から離れて、友達らしい友達はいませんでした。
私の十代の頃の結婚観
私の十代の頃の結婚観をここでお話させていただきます。男女問わず誰にでも結婚観というものはあると思います。私の結婚観は、やはり両親をみていて色々なことを考えたと思います。
私の20代の頃の結婚観
私の20代の頃の結婚観は、10代のころは夢みるようなものでしたが、もちろん20代に入って大きく変化しました。学校を卒業して民間企業へ就職をすると、それまで知っていた男性とはまったく違ったタイプの男性達がいるといことを知りました。
ちょっとマイナス思考だった私の結婚観
ちょっとマイナス思考だった私の結婚観!!ということで、参考になるかしら・・・
バツイチの私の若い時の結婚観
若い時の私の結婚観はただただ一緒にいられるという、同棲に近いような感じだったことを記憶しています。今思うと本当に私の結婚観はあやふやなものでした。
結婚と離婚を経験した私の結婚観
結婚と離婚を経験した私の結婚観を書いてみたいと思います。今になって感じていることは、まず結婚時にお金がないからなどという理由で結婚式をあげなかったり、家族間の挨拶などを抜きにしたことを後悔してるということです。
ユミとの出会い、僕はずっとこの日を待っていた・・今なら素直に言えます。「僕と結婚しよう」
ユミとの出会い、僕はずっとこの日を待っていた・・ 運命って信じますか?生まれてから27年、僕はずっとこの日を待ってたのかもしれません。
草食男子の婚活のパターン
草食男子の婚活に関係する最新情報を手に入れたいなら、草食男子の婚活について掲載しているこちらのWEBページを覗いてみてください。誰も把握していなかった草食男子の婚活の情報を、どこよりもきちんと見ることができると思われます。